観光客が多い土地柄、努力をしないと指名数が増えない

京都のキャバクラの最大の特徴は、お客さんの中でも観光客の割合がとても多いこと。
もちろん、それぞれのお店にリピーターもいます。
地元の人が頻繁に訪れるお店も少なくはないんですけど、やっぱり観光客、つまり一見さんやその日限りのお客さんがとても多いです。

だからこそ、努力をしないと指名数を増やすこともできないし、収入をアップさせることもできないんです。

京都のキャバクラで働くのであれば、必ず努力することを心がけましょう。
どんなことをすればいいのか?それはこれからお話しします。

  指名数を増やす努力「体型維持」

まずは、体型を維持すること。
キャバ嬢はお酒を飲む機会も多いし、同伴やアフターでお客さんにお食事を奢ってもらう機会もとても多いんですけど、だからこそ油断するとすぐに太ってしまいがち。

体型を維持できなければ、ドレスも似合わなくなってしまいます。
腰回りが大きくなりすぎて勤務中にドレスが破れちゃった女の子も何人か知ってますよ(笑)
いや、笑い事じゃないんですけど、これって度が過ぎるとお客さんが離れていくし、指名も受けづらくなるし、ドレスを新調するとなるとお金もかかるからあまりいいことはありません。

トップのキャバ嬢はみんな痩せてますからね、体型を維持するために運動したり甘いものを控えることは意識するようにしてください。

  指名数を増やす努力「マメに連絡」

お客さんにマメに連絡を入れることも、とても大切。
最初にも言いましたけど、一見さんやその日限りのお客さんが多いので、京都のキャバクラはリピーターの存在がとても大きいんですよ。
リピーターを増やすにはとにかくマメな連絡が必須なんです。

営業だけど営業とは思わせないような内容でメールをしたりLINEをするのもポイント。
長いこと来てくれないお客さんにもマメに連絡を入れていれば、そのうちまた来てくれます。
この努力は必ず実りますから、よく来てくれるお客さん以外にもちゃんと連絡を入れることを心がけましょう。

  指名数を増やす努力「出勤数を増やす」

収入が多いキャバクラ嬢は出勤が多い、これは当たり前ですけど、とても大事なこと。
出勤が多いと、その分だけお客さんの目に触れる機会も増えます。
実はこれが指名数の増加に直結するんです。

観光客が多い京都のキャバクラだからこそ、たくさん出勤しておくべき。
観光客の中には夢見心地でお店に来る男性も多いですから、そうした人の心を掴んで、少なくとも京都に滞在中は毎晩来てもらえるように、できれば次に京都を訪れた時にも遊びに来てもらえるように、出勤数を増やしておきましょう。

頑張れば頑張るほど結果となってついてくるのがキャバクラ嬢というお仕事です。
努力を続けていれば、その頑張りがお金に変わる嬉しさや達成感も味わえますよ。